pocお問い合わせ 一般会員ユーザー募集中 お問い合わせ

インタビュー

企業様へのご訪問・問題への取り組み

プロセスマイニングを活用して持続可能性の目標を行動に移す方法

2020.9.25

ラース・ラインケマイヤー

 

世界は炭素排出量に対して宣戦布告をしています。中国は2060年までに、欧州連合は2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指しています。しかし、炭素排出という目に見えない敵とどうやって戦うのか、この目標を達成するために武器を持った世界の軍隊にどうやって力を与えていくのか。あるいは、ビジネス用語に翻訳すると、運用レベルで測定されていない(まだ測定されていない)ものをどのように管理するのか?意思決定者が行動に焦点を当てて、持続可能性革命を推進できるようにするために、ビジネスプロセスに起因する実際の二酸化炭素排出量についての洞察を提供するにはどうすればよいのでしょうか?

 

いくつかのアイデアを考えてみましょう。

 

・業務上のエンド・ツー・エンド・プロセスのために、毎日の炭素排出量を透明化することを想像してみてください。

 

・例えば、インバウンド、製造、アウトバウンドのアクティビティにおける各プロセスステップのフットプリントを示す炭素排出量に関する詳細な洞察を想像してみてください。

 

・炭素排出量のフットプリントを削減するための最良オプションを考慮した代替プロセスシナリオと、炭素排出量のフットプリントを削減するために代替プロセスを提案する知的なアクションエンジンを巧みに操る可能性を想像してみてください。

 

近未来すぎる?未来はここにあります。プロセスマイニングは、実際の排出量に関する洞察、事実に基づく透明性、そして地球規模の課題に対する認識を提供することができます。デジタルフットプリントは、あらゆるビジネスプロセス活動に利用可能であり、炭素排出量のフットプリントと関連付けることができます。原材料、製造活動、輸送、その他の活動をそれぞれのカーボンフットプリントに割り当てることができるため、すべての事業活動とプロセスステップによって引き起こされる実際の排出量の全体像を提供することができます。

 

日本とインドのErnst & Young社の革新的なチームは、このようなダッシュボードのプロトタイプを開発した。このダッシュボードは、製品、プロセスステップ、責任分野などの詳細な見通しだけでなく、総排出量に関する集約されたビューを提供しています。また、異なる原材料の使用、現地のサプライヤー、プロセスの最適化などの代替的なシナリオを計算することもできます。このようにして、すべてのユーザーがプロセスの決定結果に由来する炭素排出量への即時な影響を見ることができるため、持続可能性の課題に立ち向かうためのグローバルな労働力を強化することができます。

 

私が約1年前にアル・ゴアとの会議の後、持続可能性革命に関する私の最初の投稿をしたとき(ポストアル・ゴア2019年8月)、それはむしろ野心的な目標と長期的なビジョンのように見えました。今日、これは重要な一歩を踏み出しました、そして私は、世界のプロセス・マイニング・コミュニティがどのような更なるアイデアを持ち出すのか、興味津々です。

 

EYからのこの非常にスマートなアイデアの詳細については、添付のプレゼンテーションをご覧いただくか、@dirkhermans, @raphaelnieckoまでお問い合わせください。